2013年04月15日

594)芦芽山のトウヒ林

4月3日と4日の2日間、大同を離れて、
山西省寧武県の芦芽山にいってきました。
緑の地球ネットワーク顧問の桜井尚武さんといっしょです。
大同から西南におよそ200kmのところにあります。
私が遠出をするのも5年ぶりですから、
このかんどんなに忙しかったことか。


続きを読む
posted by koko_tayori at 16:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

593)びっくり! メガソーラー

4月6日の夜遅く、北京からの列車で、
私たちのワーキングツアーが霊丘に到着します。
合流するために、大同をマイクロバスで発ちました。
理由はよくわかりませんが、運転手は、
高速道路には渾源インターで乗るといいます。
そこまでのけっこうな距離、地道を走ることになります。
私は内心、不満だったんですね。
便利になると、そこから引き返すのはほんとにたいへん!


続きを読む
posted by koko_tayori at 11:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

592)ああ、清明節!

ことしの清明節は4月4日だそう。
といっても、日本のみなさんには、おわかりじゃないでしょう。
二十四節気というのがあって、これは日本にも伝わってきました。
だんだんすたれて、現役で話題になるのは、
立春、春分、夏至、立秋、秋分、冬至、大寒くらいのものでしょうか。
ああ、啓蟄もありますね。


続きを読む
posted by koko_tayori at 13:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

591)大同の青い空

3月25日の正午前に北京空港につき、半日滞在して、
翌早朝の飛行機で大同にきました。
北京の大気汚染が日本でも大騒ぎになっていますが、
それは急にはじまったものではなく、
近年はずっとそうだったんですね。
秋の日の、どこまでも高く、どこまでも青い空を
知っている人は、北京人のなかでも少なくなっているでしょう。
そのなかでも、ことしの冬はとくにひどかったのでしょう。


続きを読む
posted by koko_tayori at 11:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

590)20年のビデオができました!

大同での緑化協力20年記念の活動として、
ビデオの制作が課題でした。
前作の「よみがえる森」から11年がたち、
撮りためた素材も、膨大な量です。
時間もとられるし、気力も必要。
ずっと先延ばししていたんですけど、
昨年末にとりかかりました。


続きを読む
posted by koko_tayori at 14:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

589)記念イベント

大同における緑化協力のスタートから、満20年がすぎました。
新しい拠点、緑の地球環境センターで、8月24日に、
記念のイベントが、開催されました。
日本側の出席者は、緑の地球ネットワークのスタディツアー参加者24名と、
大阪市RR厚生会の参加者5名。
中国側は、大同市の幹部、大同市総工会に属する労働者、
そして、地元の農民と、小学生など200名あまり。


続きを読む
posted by koko_tayori at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

588)悲観主義・楽観主義

5月25日のことです。
経団連自然保護基金の20周年記念式典に出席するため、
東京に行ったんですけど、
昼前に、中国からの留学生のインタビューをうけました。
北京大学の学生で、東大に留学中の女子学生。
日中国交正常化40周年を記念する、書籍のなかに収録されるそう。
その夕べの交流会の乾杯の発声を頼まれたので、
私はめずらしくスーツ姿。


続きを読む
posted by koko_tayori at 17:31| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

587)黄花菜の謎

自宅の庭で、黄花菜が最盛期を迎えました。
ユリ科ワスレグサ属の花です。
1日に20個近くも、きれいに咲きます。
学名はおそらく、Hemerocallis citrrina。
色も、花のかたちも、ユウスゲにそっくり。
http://blog.goo.ne.jp/takamik316/e/ae7bfef99654def446a9f8c7edbb7c7a


続きを読む
posted by koko_tayori at 13:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

586)黄土高原スタディツアー

この夏のスタディツアーを、8月19日から25日まで
大同に派遣することになり、参加者を募集しています。
何気なく、「夏の…」と書いたのですが、この時期、大同はもう秋です。
北緯40度で、海抜が1,000m前後、涼しいのです。
ことしは8月7日が、二十四節気の「立秋」です。
日本では、そのあと暑さがひどくなりますが、
大同は、ここから秋がはじまる、という感じで、涼しくなります。


続きを読む
posted by koko_tayori at 14:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

585)東北の被災地をめぐって

6月初旬、おくればせながら、
東北の被災地を、駆け足で回ってきました。
佐々木陽子さん、藤嶋茂さんに、お世話になりました。
総勢14名。
サラーッとみただけで、なにかが書けるとは思いませんが、
自分のために、書き残しておきます。


続きを読む
posted by koko_tayori at 14:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

584)ゴチソウ山への道

昨年11月に、山を借りました。
大阪・兵庫の府県境で、自宅からちょうど20km、
くるまで35分のところです。
5回ほど、汗を流して、生い茂っていた、ネザサを刈りました。
最後は、前川さん、宮本さんに、助けてもらいました。


続きを読む
posted by koko_tayori at 14:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

583)焦点人物を受賞

何号かまえ、「緑色中国年度焦点人物」コンテストに、
高見が、ノミネートされたことを、報告しました。
4月20日までとなっていたのに、なぜか4月15日で終了し、
私に、25万3000票あまりがはいりました。
いったい、どなたがいれてくださったのでしょう?


続きを読む
posted by koko_tayori at 17:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

582)呉城村のアンズ

4月10日の朝、霊丘のホテルをでて、渾源県の呉城村をへて、
大同市内に帰りました。
緑の地球ネットワークが派遣する、ツアーのみなさんといっしょです。
高速道路の入口で、さっそく問題が発生しました。
10人以上を載せたくるまは、通行できない、というのです。
じつは、3月23日に、このゲートを通過したとき、
電光版で、そのような指示が流れているのをみました。
で、4月7日に、このゲートをでるとき、たしかめたのです。
そのときは、「夜間のことで、昼間はかまわない」とのことでした。
ところが、いまは昼間もだめという。


続きを読む
posted by koko_tayori at 17:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

581)ああ清明節!

日本もことしは寒いのですが、ここ大同もなかなか暖かくなりません。
そして、風が強い。
中国では、ビューフォート風力階級を、採用していて、
天気予報なんかで、「7級の西北の風」と、告知されます。
7級は、「強風」で、秒速で表すと、13.9〜17.1m。
風にむかっては、歩きにくいくらい。


続きを読む
posted by koko_tayori at 10:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

580)高速道路

霊丘の南天門自然植物園から、大同への帰りに、
大きな変化がありました。
高速道路が、開通したのです。
といっても、全線ではありません。
霊丘県城のちょっと北に、インターがあり、
そこから渾源県城の、ちょっと西までの区間です。
そのあいだを、40分ほどで、走り抜けました。
これまでは、最低でも、90分はかかった道です。


続きを読む
posted by koko_tayori at 17:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

579)えっ、私がコンテストに?

3月20日から、中国にきています。
出発の直前、北京の知らないところから、
中文のメールが届きました。
「2011緑色中国年度焦点人物評選」というイベントがあって、
その候補に、高見がノミネートされた、という知らせです。
中国の環境保全に貢献した人物を選ぶ、
コンテストといったところ。

ホームページのアドレスが送られてきたので、開いてみました。
http://env.people.com.cn/GB/17257665.html
なるほど、48人の候補が、顔写真とともに、並んでおり、
ビリから2番目に、私がいます。
そして、ネットをつうじた得票数もでている。


続きを読む
posted by koko_tayori at 14:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

578)私たちの出発点

先週の土曜日の午後、ふだんよりはずっと時間をとって、
緑の地球ネットワークの、世話人会を開きました。
東京方面からも顧問と世話人、5人が駆けつけられ、
合計18名の出席でした。
そのなかで、緑の地球ネットワークの設立の趣旨はなんだ、
20年がたって、成人を迎えるにあたり、
出発点を再確認すべきではないか、という意見がありました。

そのとおりです。
私たちは、1992年1月に、準備会として活動を開始し、
1993年4月に、第1回会員総会を開催しました。
そのときの「結成アピール」が、設立趣意書にあたるものでしょう。
1999年6月、NPO法人として、再発足するときの、設立趣意書も、
この「結成アピール」を、踏襲しました。
定款にも、この趣旨が、折り込まれています。

ずーっと、いつも、意識に止めている、というわけではありませんが、
やはり、私たちの活動の、基礎です。
当時の世話人会で、ずいぶん議論しました。
いま読んでも、ふるくは感じませんし、
けっこうユニークな点も、備えていると思います。
お読みいただければ、さいわいです。


続きを読む
posted by koko_tayori at 10:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

577)立花吉茂先生と南天門自然植物園

立花吉茂先生の、植物園にかける執念がなかったら、
いまごろ、私たちの活動は、どうなっていたでしょう。

川島和義さんにつれられて、大阪市立咲くやこの花館に、
立花先生を訪ねました。
そこで、技術顧問をされていたのです。
1994年春のこと。
直接的には、その年の8月に派遣する専門家調査団に、
加わっていただきたかったのです。
さらに、事業全体の指導も、お願いしたかった。
それまでの緑の地球ネットワークは、素人集団でしたので。


続きを読む
posted by koko_tayori at 15:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

576)魏生学副所長にきく(2)

大同事務所の副所長・魏生学さんへのインタビューの後半です。

学校をでてから、ぼくは新栄区で、中学の先生をしていたんだけど、
家族がみんな、大同市内に引っ越したので、
ぼくも、市内に住むことになった。
いまとちがって、教員になるのは、むずかしかったからね。
市内で教員になれないので、
大同市蔬菜公司という、野菜流通の会社にはいった。
そのころは、自由市場なんかなくて、
その会社が、農村の野菜を、統一的に買いつけ、
それを市内に流通させていたわけだ。


続きを読む
posted by koko_tayori at 15:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

575)魏生学副所長にきく(1)

1月28日に東京で開催した、緑の地球ネットワーク20周年記念シンポジウム、
ちょうど150人のかたに、参加していただきました。
ありがとうございました!

昨年末に、大同を訪れたとき、緑色地球網絡大同事務所の
魏生学副所長をインタビューしました。
ずいぶん苦労した時代があったんですねえ。
日ごろの彼からうける印象とは、ずいぶんちがいます。
2回に分けて、掲載します。


続きを読む
posted by koko_tayori at 17:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。